彫刻家とプーマスエード




今年の正月明け早々、青山のスパイラルへ彫刻をやっている増井岳人さんの展示を見に行った。

岳人さんの作品は、人の首上の輪郭を柔らかな線で模った形状が特徴的で、今回の展示ではその輪郭の作品に蓄光塗料が塗られており、これまで以上にユニークな仕上がりになっていた。

一通り作品を見たあとは岳人さんと、いつもお世話になっている帽子屋の一歩さんと共に向かいの青山ブックセンターにあるカフェに行きコーヒーを飲みながら、ぼくが前日に観た映画”パラサイト”の話や、ポン・ジュノ作品の話をした。
「ソン・ガンホは日本で言うところの西田敏行なんじゃないか?」
「西野はパラサイトの地下に住んでいた家政婦の旦那みたいだな」
とか…いつもどおりのテキトーな話をしたり、されたりしてキャッキャと楽しんだ。

そろそろ岳人さんが展示会場に戻る時間になり、一緒に246沿いを歩いてるとき
「西野くんが履いてるそのプーマスエードは昔のなの?」
と言われ、
「いや、これは3,4年くらい前のモデルです。少し細く作られていて気に入ってるんスよ」
「いいねスエード。おれも若いとき履いててね。そんな感じの細いビンテージっぽいの。いいね」
と、褒められて嬉しくなった。

先週、リップラップの展示会にプーマジャパンの野崎さんが来てくれ、これから発売される新作のプーマスエードを頂いた。細く綺麗な形をしており、早速試着してみると履き心地が格段に良くなっていた。

展示会の中休みの今日、
90年代に作られた中古のカルバンクラインジーンズのチノパンに、リップラップのトープ色したソックス。そこに今回のライトグレーのプーマスエードを合わせてみた。

ペールトーンのスエードアッパーに、黒いフォームストリップと呼ばれるプーマのサイドラインは、ぼくが中学生の頃に履いていたGV SPECIALというモデルの配色と一緒なことをふと思い出した。

この靴はこれまでの歴史が物語っているように、これからどんな時代になっても馴染むような。とても素朴なスニーカーだと思う。


「おれも若いとき履いててね。細いビンテージっぽいの。いいね」







-POST FROM N

ジーンズ私記





<すべてのズボンはジーンズに憧れる>
谷川俊太郎 日々の地図 56p 「木綿私記 」より



リップラップでジーンズを作りはじめて2年ほど経った。
1ヶ月前の寒い日がもう思い出せない春、ぼくはジーンズをはきたくなる。

消費税が3%から5%になった頃、実家近所のジーンズショップでLevi’s 503を父親に買ってもらった。身長が小さく太っちょ少年だったぼくは、当時でいうところの「リラックスフィット」というモデルしか入らず、その一択にてジーパンデビューした。
とても嬉しくて。股下を採寸してくれ、その場でミシンを踏んで裾詰めしている店員さんの姿を今でも覚えている。

高校生の頃、バイトで得たお金を握りしめ金沢の”ONE”というお店で、当時流行っていたPOLO JEANSのただでさえ太いデニムの36インチを買い、それをデカばきの腰ばきで着用し、親から白い目で見られた。

20歳の頃、川崎港で朝から夕方までイオンの荷分けのバイトをしていた。その時着ていた派遣会社のトレーナーの背中には塩が残るほど汗をかき、はいていたジーンズは湿って重くなり着心地が悪く、コットン製品はこの仕事には向いていない。と、途中から化繊のパンツを着用するようになった。

23歳の頃、静岡の先輩からビンテージジーンズを譲り受け、それは今でも破れないように慎重にはいている。

…これらのジーンズの記憶はぼくに限ったことではなく、誰もが自分のストーリーを持っているんじゃないかと思う。

とくに機能的でなく、むしろ古典的ともいえる綿の5ポケットパンツになぜぼくたちは惹かれるのだろう?

それは、洗いたてのジーンズのざらっとした肌触りかもしれないし、
合成インディゴ特有の青黒い色が、着用と共に綺麗なブルーに変化していく過程かもしれない。
とにかく、必要最低限のパターン数でライン生産されているこのパンツにぼくはずっと魅力を感じている。

文頭で引用させてもらった谷川俊太郎さんの詩集の発行年は1982年。
およそ40年前より、ジーンズの存在は変わっていない事がうかがえる。



「おろしたてのジーンズをはいて、春の匂いのする場所へ出かけませんか?」



ぼくがはいているリップラップのジーンズはインディゴが馴染んできました。スラックスのように浮き出たセンタークリースがお気に入りです。



-POST FROM N

RIPRAPPING

久しぶりにルック撮影を行いました。
シューティングテーマは”RIPRAPPING”。

リップラップ= 傾斜の急な山の斜面に、石を固定し作られた、人や馬やロバが歩けるような石道のこと。
リップラッピング= 石道を作るための積み重ねる作業。

ぼくたちの屋号を動詞にしたタイトルです。

昨年の夏に、
「世情が常に変化している今、何をしたら物事を面白く捉える事ができるのか?
また、伝えることができるのか?」
そんなことを考えていたとき、
“Keep moving.”
というシンプルな言葉が胸にスッと入ってきました。

こんな時代、名詞ではっきりとした言葉を突きつけられるより、
言葉を動詞に変換した方が、印象が丸くなり心地よく響きます。

例えば、
ぼくはラップトップパソコンを開き、タイピングしてブロギングしています。
言葉が出てこなくて頭を掻キングして、タバコを吸ゥイングして書き終え、
そしてアップローディングして、あなたが今リーディングしています。
…少々イングが強引グですね。

話をテーマに戻します。

リップラッピングは石を積み重ねる行為です。
ぼくたちはいま立ち止まらず、日々の積み重ねを行うことが重要ではないでしょうか?

 

あなたは自分のスタイルをリップラッピングしていますか?

Keep moving. Riprapping.

 

今月末よりデリバリーがスタートします。
どうぞよろしくお願いします。

また、今回のルックはインスタグラムにて公開しています。
(ウェブサイト内LINE UPは来週公開します)

追記
この撮影はフォトグラファー小林直人くん、モデルは義父にお願いしました。
どうもありがとうございました!

-POST FROM N

OPEN STUDIO “MADE BY CHEANEY & INLINE”

リップラップで初めて革靴をリリースいたします。

生産はイギリス、ノーザンプトン州にファクトリーを構える老舗シューメーカー
“Joseph Cheaney/ジョセフチーニー”に依頼しました。

外羽根のキャップトゥモデル。アッパーにはイタリアのタンナー、
オペラ社の毛足が短くキメ細かいスエードを大地の色ツンドラで。
コバ巾を限界まで細くして頂いたグッドイヤーウェルテッド製法。

この堅牢なイギリス靴は履けば履くほどフィッティングが馴染み、
アッパーの毛並みは動き、皺には独自性が現れてきます。
ボロボロになるほど様になるような。そんな靴です。

フォーマルにもカジュアルにも対応しているので、スーツスタイルにも普段着にも着用していただき、
ソールが磨り減ったらオールソールも可能です。
シューレースはイギリス製のベージュと、シューレースブランド”SHOE SHIFT”で製作した
日本製のカーキを付属しております。

MADE BY CHEANEY
HARTWELL(MOD)RR exclusively for Riprap
Col: Tundra
Size: 5/5.5/6/6.5/7/7.5/8/8.5/9/9.5/10
Width: F
Price: ¥76,000(+tax)
PURELY MADE IN ENGLAND

このモデルの発売に伴いRIPRAP STUDIOにて販売会を行います。
こちらの革靴と、今時期にぴったりなリップラップ渾身のインラインを揃えてのラインナップです。
あとは来ていただいてからのお楽しみ♥です。

OPEN STUDIO “MADE BY CHEANEY & INLINE”
12/19(SAT) 12:00-19:00
12/20(SUN) 12:00-19:00

RIPRAP STUDIO
東京都千代田区神田佐久間町2-12 きりやビル1F
03-3865-2454

また、昨今の状況を踏まえオンラインショッピングサイト
SCREEN STORE“でも12/19(SAT)12:00頃より発売を開始いたします。
*イベントと在庫を共有しておりますので、万が一商品が準備出来ない可能性がございます。その際はご了承の程よろしくお願い申し上げます。

*新型コロナウィルス感染対策としてスタッフのマスク着用、消毒&換気を徹底して行います。また、お手数ではございますがご来場いただけます方はマスクのご着用をお願いします。

ではでは、よろしくお願いいたします。

-POST FROM N

二次情報とSCREEN STORE

ウェブのセレクトショップ
“SCREEN STORE Directed by Riprap”を開店します。

いつかやろう。そう。いつか。。
と、ホームページを立ち上げた際、
システムエンジニアさんにECサイトの基盤を作ってはもらったものの、
う〜ん。一人でブランド運営して、それと並行してウェブショップはできないなぁ〜。絶対キツくなるなぁ。。
…なんて自分に甘えて4年間放置しておりましたが、
そろそろその甘えにも飽きてきたので、この度オープンに至りました。

スクリーンストアのテーマは”1984”
これは日本においてコンピュータ・ネットワークが実験的に開始された年であり、
アメリカではパーソナルコンピュータの先駆け機種であるマッキントッシュがアップル社から発表、発売された年でもあります。
いまキミが手に持っているアイフォンは、そのマッキントッシュがベースとなっています。

突然ですが、あなたは今どうやって情報を得ていますか?
ほとんどの人がYahooニュースやインスタグラム、ツイッターなどSNSでの
情報を頭に思い浮かべたかと思います。

ぼくも日々それらのツールで、
天気予報や芸能ニュース、古着屋や古本屋の入荷情報や、
知り合いがこれから食べる美味しそうなランチ、
はたまた先輩の飼ってるワンちゃん情報を見たりして「いいね♥」しています。
今もradikoアプリを使ってお気に入りのラジオ番組を聴きながら仕事をしています。

一次情報(Direct informationまたはDirect knowledge)が
自身の五感で体験して得た情報や知識(ライブに行って音楽を聴いたり、自分でお店に行き直接物を見定めること)であれば、
いまここで話しているインターネットやテレビ、ラジオや新聞、
または他人から又聞きした情報は全て二次情報(2ndhand information、secondary knowledge)となります。

ぼくはこれまで人と話す時は「出来る限り一次情報や、自分が感じていることを話そう」と心掛けてきました。
二次情報の受け売りを聞いたり話したりして呑むお酒はあまり美味しくなかったからです。

しかし、昨今の状況では遠出はもちろん、
外に出歩いて一次情報をゲットする機会は急激に減りました。

そこで、このステイセーフな世の中で、莫大な二次情報の中から
自分が面白いと感じた事物を見つけようと思いました。
コンピュータ・ネットワークの表面には旬な情報が浮いており、
その奥底には程よく枯れた格好いい情報もたくさん眠っています。

マッキントッシュが発表されてから36年。
これからはぼくたち一人ひとりが単に情報を共有(シェア)するだけではなく、
これまで経験した一次情報と知恵を元に、
二次情報を咀嚼(パーソナル化)して、人と話していく時代が来たのではないでしょうか?

そう、ソシャク。
現代において「情報を咀嚼している人」こそ、ぼくはクールな人だと思います。

スクリーンストアで取り扱うものはリップラップのコレクションに加え、
これまでぼく達が得た一次情報でセレクトしたグッズや、ユーズドブック。
そして、コンピュータ・ネットワークの歴史からすくったユニークなカルチャーに寄り添った物、
あとはSCREEN STOREのマーチャンダイズ製品を展開していきます。

そんなウェブショップではございますが、どうぞご贔屓に。
これからよろしくお願いします。

追記
このショップをオープンするにあたり、
コロナ渦のなか力を注いでくれた、静波が誇る年中半裸のシステムエンジニアSK2さん。
忙しい中メイングラフィックを描いてくれたTIDEくん。
どうもありがとうございました。

SCREEN STORE 店主 西野裕人

NARROW ROAD TO THE INTERIOR

 

今シーズンのテーマは芭蕉の「おくのほそ道」から引用。

おくのほそ道の旅は、
春の旅立ちの別れを惜しむ俳句から始まり、
秋の終わりに旅で出会った人に見送られる別れの句で締めている。
いわば別れで始まり、別れで終わる紀行記となります。

俳句とは、寂しさや切なさ、儚さ。
いわゆる日本人的「哀愁」を美徳としていると感じます。

そこでぼくは、今年の緊急事態宣言で人と会えなかった時間を経て
今回の展示会(20年6月)に「再会の夏」の句を作ったら面白いんじゃないか?
と思い、作った言葉を展示会の案内状に明記しました。

これは古典俳句の「哀愁」以上に、「現代人の人と出会う喜び」が勝っている事を表しました。
俳句としては後味がない言葉ですが、いま、言葉はそれくらい軽い方が腑に落ちます。

ここにその時の案内状を添付します。

題名は「少しおくのほそ道」

人はこれからも再会の場面が幾度も訪れます。

「人生の再会の時に何を着ていこう?」

その事を考えると、
服は人がもつ個性を声のように、着る人の心を表すものであってほしいと思いました。

それは、着て、着て、まだ着て、もっと着て。
着る人の肌に馴染んできてから一層クールになる服です。
形は、はっきりとしたアウトラインが強調されるパターン。
これらの服がほころんできた頃には、
リップラップが提案する「服が着用する人の声」になっていることでしょう。

時間が経ちすっかり秋になり、続々と新作の発送が始まりました。

これらの服を存分にお楽しみ下さい。

– POST FROM N

追記
今回、案内状のメジロのイラストを友人の青柳公大くんに描いてもらいました。
どうもありがとう!

RECRUIT

 

リップラップでは一緒に働いてくれるスタッフを募集します。

・仕事内容
これからスタートするウェブショップの管理や営業職。
生産管理のアシスタント業務。たまに来るスタイリストさんへのリース。
展示会での接客や、イベント時の販売員等…
とにかくやることは様々あります。

自営ブランドなので「作ること、売ること、卸すこと、貸すこと」
ファッションの一連のサイクルを体験できるかと思います。

・募集事項
とにかくファッションが好きな方。
ものづくりに興味がある方。
リップラップ製品が趣向に合う方。
上記の仕事内容に意欲的な方を望んでいます。
*仕事とプライベートを分ける方の応募はご遠慮ください。

・休日、休暇
基本的に日祝定休。土曜日は隔週休日。
夏季、年末年始休暇。

・待遇
アルバイトからスタートしていただきます。
*試用期間3ヶ月有り
その後、能力を考慮の上、社員検討いたします。

・応募方法
履歴書と志望動機を書いた上、下記までお送りください。
書類選考後、面接させて頂く方にのみご連絡いたします。
尚、応募書類の返送はいたしませんので、ご了承ください。

〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-12 きりやビル1F
RIPRAP STUDIO 西野宛

以上
よろしくお願いいたします。

 

 

Riprap 西野裕人

5周年と展示会のご案内

 

 

このヴィジュアルは2015年に展示会を行った後に作ったものです。

本日、リップラップはスタートして5年が経ちました。

これはひとえに、
携わって頂いている生産背景の方々。
取扱店舗の方々。
友人知人の皆さん。
そして、リップラップの服を購入して着用してくれているお客さんのお陰です。

いつもありがとうございます。

気がつけばもう6月になりましたが、
下記日程にてリップラップ10回目の展示会を行います。

RIPRAP AUTUMN / WINTER EXHIBITION #10
6/17(WED) 11:00 – 20:00
6/18(THU) 11:00 – 20:00
6/19(FRI) 11:00 – 20:00
6/20(SAT) 11:00 – 20:00

AT: RIPRAP STUDIO
東京都千代田区神田佐久間町2-12 きりやビル1F

新型コロナウィルスの影響により、
ウィルス感染の恐怖と、経済悪化からくる不安は今もぼくたちの心を揺さぶります。
社会も世情も、そして人の精神までもが狂わされている様に映ります。

心無い言葉で人は死に、
太平洋の向こうでは日々暴動が起こり、
他人の言動や行動が気がかりになるのは
少なくとも自身が持つ現在の不満、または今後の生活不安が関係していると思います。

これまで普通にすごしていた事ができなくなったり、
生活習慣が急激に変化して苛立つことは、
この2ヶ月で誰しもが経験した事かと思います。

目まぐるしく変化する今、
人への言葉の重さを考え、自分の心を見つめ直す時かもしれません。

前回の展示会が終わったあと、そしてこのコロナの影響がでてきた4月に
松尾芭蕉の「おくのほそ道」を読みました。

弟子の曽良と共に谷中を出発し、俳句を詠み旅した紀行記。
先人たちは人を想う前に、自分の心を句を通じて整理していたように思います。

今こそ、この精神が必要ではないでしょうか?

リップラップ10回目の展示会のテーマは
「NARROW ROAD TO THE INTERIOR」
これは「おくのほそ道」から読み取る「心への道」です。

ぼくたちは洋服と言葉を使ったコミュニケーションで現代の気休めを提案します。
リップラップの服が、着る人にとって気持ちの良いものになってくれたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

 

*こういった状況ですので、
展示会では換気、消毒を徹底し、来場者のバッティングに配慮して行います。

時間に余裕をもって来て頂けると嬉しいです。

 

 

西野裕人

リップラップの取引先さま&友人知人の皆さまへ

 

 

いつも大変お世話になっております。

この度、以前よりアナウンスさせていただいております、
4/1418に開催予定でしたリップラップ秋冬展示会を延期いたします。

先日、東京都より発表されました「週末の外出自粛要請」の報道を受け、
また、今後のウィルスの未知なる拡大を予想して延期とさせていただきます。

延期開催はGW開けを予定しておりますが、
ウィルス感染の状況により、もう少し後になる可能性もございます。
状況を見てアナウンスいたします。何卒ご了承下さいませ。

リップラップ展示会は、特定少数の展示会ではございますが、
ご来場いただける方の中にはこの事態で不特定な方との出会いを
ナイーブに感じる方もいるかと思います。

リップラップではこの状況に対し、
皆さま個人個人がどのような意見をもっていて良いと考えております。

 

ファッションは大いなる娯楽です。
頭の片隅に多大な不安が存在する今、展示会を開催し東京に来ていただく事は、
ウィルス感染の心配のみならず、精神的ダメージがある方もいらっしゃるかと思います。

現在、治療薬やワクチンの研究が必死に行われていると聞きました。
今後、時間がかかるかもしれませんが不透明なことが少しずつクリアになっていくかと思います。
より良いタイミングを見つけて、楽しんで頂ける機会をつくりたいと思います。

また、取引先さまに関しましては、各店舗ごと明日以降に直接連絡いたします。
現時点で下記の選択肢を設けました。


4/23よりサンプルの貸し出し、テキストでの商品説明。
(その際、東京都民が来ることをウェルカムな環境でありましたら
お互いの予定を確認し、私が伺い商品説明いたします)
5/1216(仮)展示会開催予定。
・展示会期間外にスタジオにてご覧いただく対応。

上記以外でも新たな案がありましたら、対応させて頂きます。


私は、この緊急事態に人の意思を統率することは不可能と考えております。
今回は、リップラップと取引先さま各店舗ごとに話し合い、機会をつくりたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。


この事態が
1日でも早く終息に向かう事を祈ります。
そして、再び安心できる環境になりましたら、存分に娯楽を楽しみましょう。

 

Riprap 西野裕人

MADE BY KEARNY “JAZZ”

 

MADE BY KEARNY “JAZZ”
Lot. RRKY001
Col: Black/Dk brown lens, Demi(Tortoise shell)/Dk brown lens
Mat: Celluloid
Size: 49□21-145
Price: ¥35,000-(+tax)

ブランド初となるサングラスを制作しました。
大ぶりなウェリントンシェイプのフロントには8mmの極厚セルロイド生地を使用し、
丸みのある玉型のレンズにはブラウンカラーを採用。

制作はオプティカルメーカー〈カーニー〉。
プラスチック製フレームは、現在では加工がしやすいアセテート生地がメインストリームの中、
古典的ともいえるセルロイド生地を使用して眼鏡を制作しているブランドです。

ぼくが思うセルロイド生地の特徴は掛けた際の軽さだと思います。
今回制作したごっついサングラス「ジャズ」も、
見た目の割には軽い掛け心地で、ナイスフィッティングに仕上がっております。

プロダクトテーマは”Jazz on a summer’s day”

去年の夏。
うだるような暑さの中スタジオでアイスを食べていたところ、
ケータイが鳴り、電話をとると馴染みの生地屋の担当者さんからでした。

「西野さんが大好きなラフなスーツスタイルや、ノータックのスラックスを履いた格好が
沢山出ている映像を見つけたので、生地の打ち合わせついでに観に来ませんか?」

と、確実に打ち合わせが二の次な香りのするお誘いを受け、
この写真のジャズ・フェスティバルの映像をちっこいアイフォンの画面で観ました。

印象的だったのが観客がしているサングラス。
各々スタイルがあってチョー格好いい。。

ちょうどその頃、サングラスの企画を進行していたのでカーニーサイドに映像を共有し、

「この映像の様に男女関係なく、好きなように掛けてもらえるプロダクトになったら面白いですね。」

と、話が盛り上がりました。
コラボレーションの醍醐味は製品を通じたイメージの共有だと思います。

 

このサングラスはリップラップとカーニーによる情景の提案です。

茶色いレンズ越しに見るいつもの景色は、夕焼けのように優しく映ります。

 

ぜひ取扱店でお試しください。

 

-POST FROM N